鬼滅の刃の考察

【最強は誰だ】鬼滅の刃の強さランキング!1対1で戦ったら誰が一番強いのか勝手に検証

鬼と鬼殺隊の戦いを描いている鬼滅の刃には魅力的なキャラクターが多数存在。

その中でもどのキャラクターが一番強いのか気になる方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

鬼滅の刃は基本的に1対1で戦う機会が少なく、鬼の中でも最強とされる上弦の鬼に対しては複数人の鬼殺隊員が同時に戦う展開が多いです。

 

そこでこの記事では1対1で戦った場合はどのキャラクターが最強なのかをランキング形式で紹介します。

このランキングは過去の戦いや作中での言動を中心に作成していますが、最終的な判断は個人の主観です。

そのため異論のある方はいらっしゃると思いますが、理由を含めて最後まで記事を楽しんで頂けると幸いです。

鬼滅の刃で一番誰が強いのからランキングTOP10

それでは、これから鬼滅の刃の中で1対1でタイマンした場合に、誰が一番強いのか!

ランキング形式で、TOP10から順番にご紹介していきます。’

10位 竈門炭治郎

10位は主人公の竈門炭治郎です。

今回鬼殺隊の剣士の強さを判断する上で痣の出現、透き通る世界と赫刀に至っているのかを重要な指標としました。

炭治郎は全ての力が身についているのに加え、ヒノカミ神楽を使うことが可能。

単独ではないですが、上弦の肆である半天狗や上弦の参猗窩座の頸を斬り落としており、実力はほとんどの柱より上と判断しました。

10位に入れるか迷ったのは蛇柱の伊黒小芭内です。

炭治郎と比較しても能力に大差はありませんが、上弦の鬼を倒した数などを考慮して炭治郎を上と判断しました。

 

9位 半天狗

元上弦の肆である半天狗は強さの判断が難しいところです。

喜怒哀楽の4体に分裂する血鬼術を使用し、本体は頸が固くピンチになればその場から逃げ出してしまします。

 

作中では恋柱の蜜璃が痣を出現させ、分裂した半天狗と対峙している間に炭治郎が本体の頸を斬ることができましたが、単独での戦いになると討ち取れなかったでしょう。

また、頸を斬るためには赫刀に至ることが必須と考えられ、赫刀に至っていない剣士では半天狗を倒すことができないという判断からこの順位としました。

透き通る世界にも至った炭治郎であればもしかしたら半天狗を1対1で倒すことができるかもしれませんね。

 

8位 時透無一郎


霞柱の時透無一郎は剣を握ってわずか2カ月で柱に上り詰めた天才剣士です。

伝説の剣士縁壱の末裔ということで痣の出現、透き通る世界、赫刀の全てに至っており、鬼殺隊で初めて上弦の鬼を単独で討ち取ることに成功しました。

刀鍛冶の里では痣の出現のみだったため、上弦の肆半天狗を倒すことは難しかったですが、赫刀に至ったことで半天狗の頸を落とすことが可能となったため、実力は上と判断しました。

柱の中では蛇柱の伊黒小芭内と近い実力の持ち主で、トップ3に入る力があると思います。

 

7位 不死川実弥


風柱の不死川実弥をこの順位とした理由は8位の無一郎との関係や上弦の鬼を倒す条件を踏まえたからです。

無一郎は上弦の壱黒死牟と戦った際にあっさりと腕を斬り落とされ、窮地に追い込まれましたが実弥は見事に対応。

さらに、戦闘において鬼に有効な稀血を持っており、無一郎よりも剣士としての実力が上と判断しました。

上弦の鬼を倒す条件として赫刀には至っており、半天狗を斬ることは可能。

しかし、透き通る世界には至っていないため、上弦の参より上を倒すことは難しいため、猗窩座よりは下だと予想します。

しかし、鬼殺隊の中でも最強クラスの剣士であるということは間違いありません。

 

6位 猗窩座

上弦の参である猗窩座は炭治郎のライバルという位置付けで登場。

猗窩座は相手から出る闘気を感じ戦いに活かす上に、身体能力を高める血鬼術の破壊殺を使います。

鬼の中でも3番目に強く、炎柱の煉獄杏寿郎を1対1の戦いで破っており、ほとんどの柱が単独で猗窩座を倒すのは難しいと判断しました。

作中では炭治郎と義勇が猗窩座と対峙。炭治郎がヒノカミ神楽で頸を落とします。

しかし、義勇の助けなしでの猗窩座討伐は不可能でしたし、透き通る世界に至っていない剣士は猗窩座に近寄ることも難しいです。

上弦の参より上は圧倒的な戦闘力を誇り、1対1で倒すのは難しいです。

 

5位 悲鳴嶼行冥

鬼殺隊最強の剣士である悲鳴嶼行冥が5位です。

炭治郎も鬼殺隊の中で1人だけ匂いが全く違うと述べるほどの実力を誇り、痣の出現、透き通る世界、赫刀の全てに至っています。

使う呼吸は岩の呼吸。

武器は刀ではなく、斧と鉄球を鎖でつないだものとなっており、行冥の力がなければ扱うことは難しいと思います。

上弦の壱の黒死牟には単独で勝つことはできませんでしたが、炭治郎が頸を斬り落とした猗窩座に対しては、行冥も透き通る世界に至っていることから勝利できると判断しました。

行冥の戦いをもっと見たかったですよね。

 

4位 童磨

4位は上弦の弐 童磨です。

大量の女性を食べたことで力をつけた童磨の血鬼術は氷。

自分と全く同じ力を持つ分身を作ることができたり、氷の仏像を作り出し一息で相手を凍らせることもできます。

これらの能力を持っていることから童磨は鬼滅の刃の中でも最強クラスに強いのですが、相手をいたぶり、戦闘を楽しむことに主眼を置いているため全力で戦うことはありません。

そのため、判断が難しいですが、本来の実力を出せばおそらく悲鳴嶼行冥でも敵わないと考え、4位としました。

作中でも胡蝶しのぶが自分の命と引き換えに毒を喰らわせなければ討ち取ることはできなかったでしょう。

 

3位 黒死牟

3位は上弦の壱であり、伝説の剣士縁壱の兄でもある黒死牟です。

人間の頃は剣士としてもかなりの実力を誇っていましたが、縁壱には敵わず鬼となることを決意。

鬼になり頸を斬られるか日の光に晒される以外で死ぬことがなくなった黒死牟は無惨を除けば最強の存在となりました。

作中では鬼殺隊最強の柱悲鳴嶼行冥と風柱の不死川実弥、時透無一郎、不死川玄弥の4人がかりでなんとか討ち取ることに成功。

しかし、最強の柱である悲鳴嶼行冥でも単独では敗北していたことが予想されますし、上弦の壱ということで鬼の中では最強であることが分かります。

血鬼術に加えて、呼吸を使えるということで反則級の強さですよね。

 

2位 鬼舞辻無惨


鬼の始祖である鬼舞辻無惨が2位です。

鬼になるには無惨の血を入れられるしか方法はなく、全ての鬼が無惨に反逆することができないことから鬼の中では最も強いキャラクターであることは間違いありません。

また、無惨の血を注入され続けた人間は死に至るということで鬼殺隊の柱でも無惨を単独で倒すのは非常に難しいです。

最終決戦の戦いでは柱はもちろん、炭治郎や伊之助、善一など鬼殺隊が総動員して無惨に対峙しましたが、柱3人に加え炭治郎が死亡。

また生き残ったメンバーも全員重症となっており、敵キャラクターとして無惨が最強なことに異論がある人は少ないのではないでしょうか。

 

1位 継国縁壱

鬼滅の刃の中で最強のキャラクターは全ての呼吸の始まりである日の呼吸の使い手の継国縁壱としました。

理由は2つ。

1つ目は無惨が作中で縁壱の赫刀がこれまでで最も優れた刀であると認めているからです。

無惨はほとんどの柱を相手に戦っており、この発言から鬼殺隊の中に縁壱より強い剣士はいないことが決定。

縁壱は剣士として生まれた瞬間から痣があり、透き通る世界と赫方にも至っているということで剣士としての実力は断トツです。

2つ目の理由として縁壱は1対1の戦いで無惨が唯一逃走した相手だからです。

無惨は生きることだけに固執しており、その無惨が逃げることを決意するということは命の危険を感じたからです。

仮に戦いが続いていれば無惨は縁壱に敗れていたでしょう。

伝説の剣士の実力は伊達ではないですね。

鬼滅の刃で誰が一番強いのかランキングのまとめ

この記事では鬼滅の刃で1対1で戦ったら誰が一番強いのかランキング形式で紹介しました。

 

ランキングをつけてみると上位には鬼殺隊の柱と上弦の鬼が大部分を占めており、他のキャラクターとの力の差がはっきりと分かります。

鬼滅の刃では基本的に複数の鬼殺隊員が鬼と戦うシーンが多く、1対1で戦うシーンは多くありません。

そのためこのランキングでは過去の戦いや作中の描写を参考にランキングを作成しました。

個人によって強さランキングが異なるという方もいらっしゃると思いますが参考にして頂ければうれしいです。