鬼滅の刃 漫画

鬼滅の刃16巻『不滅』のあらすじと結末!無惨とお館様の覚悟はいかに・・・大決戦の序章

鬼滅の刃の15巻では、剣士の中で痣が発現したことや禰豆子が太陽を克服しことがきっかけで、鬼殺隊での柱稽古を行うことになりました。

そこで炭治郎は不死川玄弥を巡って実弥と揉め接見禁止令を受けました。

そして次の柱稽古、悲鳴嶼行冥の元へ向かいます。

ここから16巻へ続くのですが、この鬼滅の刃の16巻の見どころを4つにまとめました。

  • 反復動作の会得
  • 悲鳴嶼の過去
  • 無惨とお館様の覚悟
  • しのぶと童磨

これから鬼滅の刃の16巻のあらすじやネタバレの詳細をご紹介していきます!

鬼滅の刃の16巻のあらすじ!

柱稽古が始まり、鬼殺隊最強と言われる悲鳴嶼行冥の元へ向かった炭治郎たち。

そこで知ったのは反復動作という方法。ま

たひとつ成長した炭治郎は、悲鳴嶼の過去を本人から知ることになります。

 

そして別の場面では産屋敷邸に現れた鬼舞辻無惨。

お館様は無惨にどんな言葉をかけるのか。

16巻では、いよいよ対峙することとなった炭治郎たち鬼殺隊と無惨や鬼たちの戦いが過熱していきます。

鬼滅の刃の16巻のネタバレと結末!

ここからは先程お伝えした見どころをもとに16巻のネタバレと結末について解説していきます。

新たに会得した反復動作とは一体何なのか、そして無惨と鬼殺隊はどうなるのか詳しくご紹介していきます。

鬼滅の刃16巻|反復動作の会得

不死川実弥の柱稽古の次は岩柱・悲鳴嶼行冥のもとでした。

悲鳴嶼の稽古は至ってシンプルで、滝に打たれる、丸太を担ぐなどの足腰を鍛え大きな岩を一町先まで運ぶというもの。

 

善逸はこの説明だけで気絶する始末ですが、終盤には何やら意味深な行動をします。

 

話は戻って修行に一生懸命取り組む炭治郎ですが、中々岩を思うように運べない。

そんな時、悲鳴嶼の弟子である不死川玄弥が炭治郎へ助言をします。

「集中を極限まで高めるために、予め決めておいた動作をする」

 

ことですべての感覚を一気に開く技だと教えてもらいます。

炭治郎は家族のこと、そして煉獄さんのことを思い出すという流れを作り反復動作を会得することに成功しました。

口下手な悲鳴嶼さんは木陰から玄弥が炭治郎に説明しているところを見守っています。

 

こうして大きな岩を一町動かすことのできた炭治郎でしたが喜ぶのも束の間、脱水症状に陥ってしまいます。そこを悲鳴嶼が水を与えたことで何とか炭治郎は危機を脱することができました。

鬼滅の刃16巻|悲鳴嶼の過去

炭治郎の脱水症状を救ってくれた悲鳴嶼。

続けて彼は修業を無事に克服したこと、そして刀鍛冶の里で炭治郎が自分の妹よりも里の人間を鬼から守った行動に対して称賛の言葉を伝えました。

しかし

炭治郎は「決断したのは禰豆子であって自分じゃない」「認められては困る」と拒否しました。

それでも君を認めると言う悲鳴嶼。

 

彼は鬼殺隊に入隊する前、寺で身寄りのない子どもを育てて暮らしていました。

ある夜、子どもが鬼に遭遇し自分が助かるために鬼を寺へ招き入れたのです。

子どもたちは目の見えない悲鳴嶼ではあてにならないと、彼の言いつけを聞かず逃げ出し結果殺されてしまいました。

 

唯一言うことを聞いてくれた沙代という少女のために鬼を夜明けまで殴りつぶし続けました。

沙代は助かりましたが、彼女の証言が周囲へ誤解を招き、悲鳴嶼が殺人の罪で投獄されることになりました。

そこを救ってくれたのがお館様です。

 

悲鳴嶼が疑い深くなってしまったのはこのような過去があったからなのでした。

ちなみにこの沙代の証言は「あの人は化け物 みんなあの人が殺した」と発言しています。

 

あの人というのはもちろん鬼のことですが、鬼も朝日で消滅してしまい彼女も事件のショックでまともに話せなくなったのだそうです。

14歳になった彼女はあの時のことを悲鳴嶼に謝罪したいと思っているとコミックスで裏話として記されていました。

 

ちなみに先程、善逸が意味深な行動をとると説明しましたが、それというのも善逸に届いた手紙を読んでから急に静かになり、炭治郎が声をかけてもいつもと違う態度でした。

心配になる炭治郎ですが、後ろ髪をひかれながらも次の稽古へと進んでいきます。

 

鬼滅の刃16巻|無惨とお館様の覚悟

柱合会議に出席できなくなるほど病状が進行しているお館様。

 

そんな彼の前に無惨が現れました。

自身を殺しに来た無惨に対し様々な言葉をかけるお館様。

そこで新しい事実が判明しました。

 

ひとつめは「産屋敷家と無惨は昔同じ一族だった」こと。

ふたつめは「無惨が死ねば全ての鬼が滅んでしまう」ということ。

 

同じ血筋に鬼が出たことで産屋敷家は呪いをかけられ、歴代当主は長く生きることができませんでした。

そこで神主の「同じ一族から出た鬼を倒すために心血を注げ」という助言をもらったのでした。

 

続けてお館様は永遠を夢見る無惨に「人の想いこそ永遠であり不滅である」と説きます。

一方無惨とお館様の対峙は鎹烏の知らせによって柱たちへ知らされます。

 

そして柱たち全員と炭治郎が駆け付ける中目撃したのは産屋敷家の爆発。

お館様や妻、子どもたちが無惨と一緒に爆死したのでした。

すぐにこれが罠であったことを悟った無惨でしたが既に遅く、彼の前に現れたのは珠世でした。

 

そして珠世は「人間に戻る薬を無惨の体内へ入れ込んだ」ことを彼へ告げたのでした。

この状況で一番最初に乗り込んだ柱は悲鳴嶼です。

彼はすでにお館様が自身を囮にすることを知っていたのです。

そして次々と集結する柱たちでしたが、無惨の支配下の鬼の血鬼術によって無惨と珠世、柱や炭治郎たちはバラバラに離れてしまったのでした。

鬼滅の刃16巻|しのぶと童磨

無惨の部下の鬼による血鬼術でできた建物、「無限城」の中に閉じ込められた柱、炭治郎たち。

それぞれに別れた隊士たちは襲ってくる鬼を倒しながら無惨を探しに向かいます。

 

しのぶは無限城の中を一人で行動していました。

血の匂いを辿って襖を開けると、そこには上弦の弐、童磨の姿が。

 

しのぶは童磨が自身の姉・カナエを殺した鬼だということに気づきます。

しかし、童磨はすぐに彼女が鬼の頚を斬れないことを察し、さらにはしのぶの毒も分解してしまいます。

 

反対に童磨の攻撃ですでに致命的な負傷を負っているしのぶ。

 

諦めそうになった時、彼女の前に亡くなったカナエがしのぶを鼓舞します。

そして最後の力を振り絞り、童磨の頚目がけて鋭い突き技を繰り出したところで16巻は終了しました。

 

鬼滅の刃を16巻読んだ感想

明らかになった悲鳴嶼の過去は壮絶なものでした。

コミックスのおまけで沙代の話が記載されていた通り、彼女の証言が誤解だったこともわかって安心しました。

 

お館様が病で動けないながらも常に冷静で無惨と話している場面が読者にとっては逆に怖く感じました。

まさか自分が囮になって死んでしまうとは予想もつきませんでしたね。

 

舞台は無限城へ移り、しのぶと童磨の因縁の戦いが始まりました。

 

姉、カナエの檄を飛ばす場面やしのぶが諦めずに立ち上がるシーンは感動が止まりません。

童磨は物腰も柔らかい印象があるのですが、故に絶妙なサイコパス感を出してきます。

 

しのぶの毒を受け「楽しい」と言ったり姉のカナエを「ちゃんと喰べてあげたかった」などと笑顔で話すので、しのぶも読者も不快感極まりないです。

それよりも重症のしのぶがどうなってしまうのか心配でたまりません。

鬼滅の刃16巻を読んだ人の口コミと評判

鬼滅の刃の16巻を読んだ人の口コミや評判などをご紹介していきます!

産屋敷邸襲撃の知らせを受けた柱たちが一気に集結し無惨と対峙する場面です。

お館様がどれほど隊士たちに信頼されているかがわかる場面ですよね。

16巻は無惨との対峙という場面もあってシリアスな部分も多いですが、柱稽古の炭治郎たちのやりとりは面白いので是非見てほしいところです。

 

こちらも数少ないギャグシーンのひとつ。

柱稽古の際にずっと実弥からおはぎの甘い匂いがしていたことを話す炭治郎。

そして実弥に嫌われている義勇が仲直りのためにいつでもおはぎを渡せるよう懐に忍ばせておこうかなと話している水の呼吸兄妹が可愛いですよね。

鬼滅の刃16巻のまとめ

鬼滅の刃16巻、物語が大きく動いた1冊でした。

お館様がいなくなってしまったことで鬼殺隊にどんな影響が出るのか、またはどんな作戦が待っているのか。

無惨が珠世から投与された人間に戻る薬がどういった効果を見せるのか。

無限城へと舞台を移した鬼殺隊と無惨率いる鬼たちの戦いはどうなってしまうのか。

そして悲鳴嶼の修行で善逸が意味深な言動をしていた理由も明らかになります。

ちなみに16巻のおまけでは先程お伝えした沙代の裏話のほかに無限城へと引き込まれる瞬間、足元がふわっとする感覚に楽しんでしまう伊之助の姿も描かれているので気になる方は是非見てみてください。

続く17巻も気になるところです。

RELATED POST