鬼滅の刃の考察

鬼滅の刃がワンピースを超える売り上げスピードで売れている理由を徹底的に分析してみた!

今、日本で最も勢いのあるコミックである鬼滅の刃。

 

子供から大人まで多くの人が鬼滅の刃に夢中になっており、社会現象を巻き起こしています。

 

この記事ではそんな鬼滅の刃が驚異的な売上を記録した理由をストーリーとそれ以外の要因から考察していきます。

 

鬼滅の刃の人気の理由が知りたい人必見の内容です。

2020年現在の鬼滅の刃の売上について

鬼滅の刃は2020年5月1日時点でコミック19巻まで発売されており発行部数は4000万部を突破しました。

 

この数字は漫画全巻ドットコム※によると歴代54位となっており、犬夜叉や遊☆戯☆王といった大人気作品と肩を並べています。

また2019年のオリコン年間コミックランキングの作品別では1200万部以上の売上を記録。

ワンピースやキングダムといった大人気作品を抑えて年間で最も売れたコミックとなりました。

 

今日本で最も勢いのあるコミックである鬼滅の刃。

この記事ではそんな鬼滅の刃が驚異的な売上を記録した理由をストーリーとそれ以外の要因から考察していきます。

 

鬼滅の刃の人気の理由が知りたい人必見の内容です。

鬼滅の刃とワンピースの比較

鬼滅の刃は週間少年ジャンプに掲載されており、同じジャンプの中には歴代No.1の売上を誇るワンピースも掲載されています。

 

ワンピースについては、95巻が発売された2019年12月時点で全世界の累計発行部数が4億6000万部を突破。

 

現時点での発行部数ではワンピースは鬼滅の刃の約11倍となっており、大きな差があります。

 

しかし、これは発売されている単行本の数が圧倒的に違うことが原因となっており、公正な比較とは言えません。

 

そこでワンピースが19巻が発売された時点の売上をみてみると、発行部数は4000万部となっていました。

 

これは鬼滅の刃の現時点での売上とほぼ同じで、細かい数字をみると鬼滅の刃の方が若干上です。

 

同じ19巻が発売された時点の比較であれば、鬼滅の刃はワンピースをも上回っており、その人気は驚異的であることが分かります。

 

鬼のラスボスであった鬼舞辻無惨との戦いはすでに終結してしまい、ワンピースのような長期連載になる可能性は低いですが、仮に継続していればマンガ史に名を残す発行部数を記録していた可能性は高いでしょう。

 

鬼滅の刃がここまで売れた理由をストーリーから考察

ここからは鬼滅の刃が売れた理由を徹底考察していきます。

 

鬼滅の刃は剣士が鬼を倒していくというストーリーですが、週間少年ジャンプの他の作品とは上手に差別化ができています。ここではキャラクターとストーリー設定について解説します。

 

鬼滅の刃は感情移入しやすく、魅力的なキャラクター

鬼滅の刃はキャラクターがとにかく魅力的という口コミが非常に多く、それが現在の人気につながっています。

 

鬼殺隊の使う刀はどれもかっこいいですし、登場キャラクターが使う呼吸も様々な種類があり魅力的ですよね。

 

また、鬼滅の刃に登場するキャラクターはそれぞれが辛い過去を持っており、感情移入しやすくなっています。

 

例えば蟲柱の胡蝶しのぶは家族を鬼に殺され、剣士となった姉も上弦の弐童磨によって食べられてしまいました。そのことがきっかけで体に毒を摂取し続け、最終的には姉の敵の鬼を倒すに至ります。

 

また、感情移入できるのは鬼殺隊の剣士だけではありません。

 

敵である鬼も人間時代のストーリーが丁寧に描写されており、過去を知るとその鬼のことが好きになるという人も多いです。

 

感情移入しやすいキャラクターが多いというのは鬼滅の刃が人気となった理由の1つです。

 

鬼滅の刃はジャンプらしくないストーリー設定

週間少年ジャンプと言えば、ストーリーは明るく、仲間たちとともに戦い、例え敵であったとしても相手を殺さないという作品が圧倒的に多いです。

 

ワンピースでも敵を殺すシーンは滅多にないですよね。

 

それに対して、鬼滅の刃は1話目で炭治郎の家族がいきなり殺されてしまいます。

 

唯一残された家族である禰豆子も人間から鬼に変貌してしまい、絶望的な状態から物語がスタート。

 

その後も主要キャラクターである柱が次々と殺され、鬼舞辻無惨との戦いが終了した時点で9人いた柱は2人となってしまいました。

 

このことからも鬼滅の刃は王道のバトルマンガの要素のあるダークファンタジーの作品と言うことができ、他のジャンプ作品と差別化されています。

 

ストーリー自体は明るくはないですが、ワンピースのようにたくさんの伏線がはられていたり、ハンターハンターのように理解するのに少し時間がかかったりする訳ではありません。

 

そのため、大人だけでなく、子供も楽しめるようになっている点も鬼滅の刃の魅力となっています。

 

鬼滅の刃が売れた理由をストーリー以外から考察

ここからは鬼滅の刃が売れた理由をストーリー以外の要素から考察していきます。

鬼滅の刃が大ヒットした理由としてはコミックの人気と同じくアニメシリーズの評判の高さが挙げられます。

 

鬼滅の刃はアニメ化をきっかけに大ヒット

鬼滅の刃のアニメは2019年4月から放送がスタート。

全26話となっており、コミックの7巻の途中までの内容が放送されました。

 

アニメの開始時点では大きく話題にはなりませんでしたが、話が進んでいく内に徐々にSNSを中心に人気作品になっていき、最終回が放送される頃には日本中で鬼滅の刃ブームが起こっていました。

 

アニメが人気となった理由は圧倒的なクオリティーの高さが挙げれます。

 

鬼滅の刃のアニメは「Fate」シリーズで作品のクオリティーの高さが評判となったufotableが担当。

 

映像美や戦闘シーンのカメラワークに徹底的にこだわり、中でも第19話「ヒノカミ」で描かれた炭治郎覚醒シーンはファンの間でも神回と呼ばれるほどのクオリティーが話題となりました。

 

映像以外でも鬼滅の刃のアニメは優れており、声優は炭治郎役の花江夏樹さんを始め、鬼頭明里さんなど人気かつ実力も日本でトップクラスの方ばかり。

 

また、オープニングテーマ曲の「紅蓮華」が大ヒットし、人気アーティストのLISAさんは2019年の紅白歌合戦に出場を果たしました。

 

その他にも劇中の音楽が各話ごとに映像にあわせて作成されるなど徹底的にこだわられていたり、テレビ放送はもちろん、U-NEXTやNetflixなど主要な20社もの動画サイトで配信され多くの人が視聴できる環境が整えられたりと様々な工夫がされています。

 

鬼滅の刃がアニメ化されていなければ今ほど人気作品となっていた可能性は低く、現在のブームを作った大きな要因と言えます。

 

鬼滅の刃はインフルエンサーが次々と告知

鬼滅の刃のアニメの人気を受け、芸能人やインフルエンサーも次々に鬼滅の刃のファンとなり、情報を発信していることも人気の理由として挙げられます。

 

一早く鬼滅の刃のファンと宣言し、炭治郎のコスプレ姿を披露した椿鬼奴さんを始め、芸人の有吉さんやタレントのみちょぱさんなども鬼滅の刃のファンであると公言。

 

テレビタレントだけでなく、有名YouTuberも動画で鬼滅の刃のキャラクターのコスプレを披露するなど話題を呼びました。

 

どの媒体を見ても鬼滅の刃ファンのインフルエンサーが情報を発信していることで、認知度が圧倒的に高まったのは間違いありません。

 

鬼滅の刃の人気な理由まとめ

この記事では鬼滅の刃がなぜ大ヒットしたのかについて考察していきました。

 

鬼滅の刃がヒットした理由として、ストーリーの観点では感情移入しやすい魅力的なキャラクターが多いことが挙げられます。

 

柱を始めとした鬼殺隊の剣士は鬼と戦う理由が明確であるのはもちろん、敵キャラクターである鬼も人間時代の回想ストーリーが盛り込まれており、中には同情してしまう話も多くあります。

 

ジャンプの王道バトルマンガとは異なる魅力があるのも鬼滅の刃が人気となった大きな理由です。

 

また、ストーリー以外の要素ではアニメ化の影響が大きいと予想されます。アニメのクオリティーが非常に高く、アニメきっかけで鬼滅の刃にはまったという声が多かったです。アニメの放送が開始してから多くのインフルエンサーがSNSなどを利用し、鬼滅の刃に対して高い評価をしたことも人気となった理由の1つと言えそうです。

 

ワンピースを超えるスピードで人気作となった鬼滅の刃。これからどこまで人気を伸ばすのか要注目です。