鬼滅の刃 最新話

鬼滅の刃の最終回『205話クライマックス』5月18日公開確定のネタバレと結末|遂に最終回

2020年5月18日のジャンプに公開された鬼滅の刃の205話の最新話で最終話は週刊少年ジャンプで配信されています。

今回の鬼滅の刃205話の最終回の見所はこの4つになります。

  • 前回に続き、誰と誰がくっつくのか。
  • どんな未来になったのか。
  • そこに鬼のような敵は存在してくるのか。

それではこれから鬼滅の刃の最新話で最終回の205話のあらすじとネタバレから結末までをご紹介していきます。

鬼滅の刃の最新話の最終回『205話』のあらすじについて

物語の始まりは現代の東京。

 

とある朝、物置に置いてあった善逸伝を読む、我妻善照(17)

 

泣きながら読んでいるところに、姉の燈子(18)にひいおじいちゃんの嘘小説を読んでいる、そんな暇があるのかと蹴られてしまう。

 

姉弟で揃って登校中、善照は燈子に輪廻転生を信じるかと問いかけるが、全く相手にされずそれどころか燈子はスマホのニュースを見ていた。

 

そこには体操日本金メダルを取った宇随天満(20)が映っていた。

 

そしてもう一つのニュース。

 

 

そこには青い彼岸花の研究者として映っている嘴平青葉がいた。

 

どうやら研究途中に青い彼岸花を全滅させてしまったそう。

 

そこに双子の赤ちゃんがベビーカーで通っていく。

その双子は無一郎に似た美しい女の子のような寝顔をしていた。

 

燈子は竈門カナタを見かけ声をかけると、カナタも燈子に優しい顔をして話していた。

 

みんなで歩いていると、カナエとしのぶに似た女子学生が通っていく。

 

幼稚園を通るとそこにはでっかい体の、幼稚園の先生らしからぬ、とても強そうな人が、園児を優しくなだめていた。

 

その後ろ姿は悲鳴嶋に似ていた。

 

メガ盛りの定食屋さんには、小芭内と甘露寺にそっくりの夫婦が経営していた。

 

場面は変わり、竈門家では、寝坊をしてしまった炭彦。

 

行ってきますと窓から出ていく。

 

そして炭彦はパルクールかのように建物を次から次に渡っていく。

 

途中、善逸の育ての親、桑島爺ちゃん似の老人と鱗滝と同じような服を着た老人が二人で将棋をしているところを通り怒られる。

 

その後、鋼鎧塚自動車整備場の前を通り、信号で止まろうとするが急いでいた炭彦は通りすがったパトカーを飛び越える。

 

しかし、不死川兄弟にそっくりのお巡りさんに注意され追いかけられてしまうのだった。

 

その横を仲良さそうに義勇・錆兎・真菰に似た三人が通っていく。

 

また、隠の後藤かと思われる人物のスマホに映っているのは、珠世らしき人物。

 

写真のように見えるが、それを書いている天才画家は山本愈史郎という人物だそう。

 

 

これらを横目に走る、炭彦は同じように遅刻寸前の桃寿郎と遭遇し校門が閉まるギリギリで、炭彦と桃寿郎は到着。

 

 

そしてまた場面は変わり、竈門家に電話がかかってき、お母さんと思われる人が受話器を取り話している横には、かつて炭次郎が使っていたであろう日輪刀と、耳飾り、そして鬼舞辻を倒し生き残った人々との楽しそうな写真が飾られているのだった。

鬼滅の刃の最新話で最終回の『205話』のネタバレと結末!

最終話は時代が流れ、現代の東京。

 

とある朝、物置に置いてあった善逸伝を読む善逸そっくりの我妻善照。

 

そしてその姉である禰豆子に似た燈子が朝から、ひいおじいちゃんの嘘伝説をまた読んでいると一喝。

 

 

そんな燈子に善照は輪廻転生を信じるかと聞くが、全く聞いていない。

 

 

燈子はスマホを見ていた。

 

そこに体操で日本金メダルを取ったという宇随天満がいた。

 

そこにもう一つニュースが。嘴平青葉という青い彼岸花の研究者が、これを全部枯らしてしまったという。

 

 

善照はこんな可愛い女の子を、かわいそうだと言うが燈子に、この人は男だよと言われてしまいアタフタ。

 

 

燈子はお父さんにそっくりとチクリ。

 

そしてそこにカナヲに似た竃門カナタが現れる。

 

 

三人での登校途中に色んな人物に似た人と遭遇していく。

 

いい匂いの女学生は、カナエとしのぶ似。

 

でっかい後姿の幼稚園の先生は悲鳴嶋似。

 

定食屋さんの夫婦は小芭内と甘露寺似。

 

 

場面は変わり、竃門家では、寝坊して今にも遅刻してしまいそうな炭次郎そっくりの竃門炭彦。

 

 

急いで起きた炭彦は行ってきますと窓から出発して行く。

 

 

炭次郎似の運動神経抜群のパルクールで建物を次から次へと渡っていく。

 

 

こちらも登校途中に色んな人物に似た人とすれ違う。

 

 

善逸育ての親である、桑島に似たおじいちゃんと、鱗滝と同じ柄の服を着たおじいちゃん、ニュースに映った産屋敷、鋼鎧塚自動車整備場、すみ・きよ・なほに似た三人の女の子、不死川兄弟にそっくりのお巡りさん。

 

 

義勇・錆兎・真菰に似た仲良しの三人組。

 

 

写真のような絵を描く有名な画家、山本愈史郎。

 

 

その絵は珠世ばかり…。

 

 

そして最後には煉獄家のものか、桃寿郎という少年とともにひたすら走る。校門が閉まりそうギリギリに二人は到着する。

 

 

それを見る厳しそうな先生は村田似。

 

 

そしてまた、場面は変わり、竃門家の電話が鳴り、それを母と思われる人物が手に取る。

 

 

その傍らには、代々受け継がれているのであろう日輪刀と耳飾り、そして鬼舞辻を葬り生き残った者たちが映っている写真のようなものが飾られているのであった。こうして、穏やかな日々が続いていくのだった。

鬼滅の刃の最新話の最終回『205話』を読んだ感想

鬼滅の刃の最終回の感想

誰と誰がくっついたか気になっていたが、最初のシーンから善逸に似た男の子、善照が出てきた。

 

その姿は金髪になる前の善逸そのもの。

 

 

そしてその姉の燈子は…後ろ姿が長髪の黒髪。映った顔は禰豆子にそっくり。という事は、善逸と禰豆子の子孫だ。

 

 

そして、善照のなよなよした感じと、女の子に敏感なところは善逸そっくりだ。

 

燈子のほうも男の子が好きそうなのは、善逸の性格にそっくり。

 

しかし、気性の荒さは誰に似たのだろうか。

 

そして、善照が読んでいた善逸伝の中にでてきていた、輪廻転生という言葉がこの205話のテーマになっているように生き残った人物の子孫や、転生して生きている人物が描かれているようでした。

 

登校中の善照と燈子。

 

スマホに映った宇隋天元の子孫と思われる、宇隋天満。性格も、顔に出ている。でもカッコイイ。

 

そして、もう一つ、嘴平青葉という伊之助に似た顔の綺麗な人物。

 

なんと伊之助とアオイの子孫だろう。あの女顔の綺麗な人は男だという。完全に伊之助似だ。

 

そこにカナヲに似た男の子、なんと竃門カナタという男の子が現れる。炭次郎とカナヲか。やっぱりというところだろうか。

そのカナタと燈子は仲良さそうというか、ラブラブなのか。それをひがむ、善照に笑える。

 

 

そのほかにも双子の赤ちゃんが無一郎に似ていて、女学生がカナエやしのぶ似。

 

 

背が高く、優しい幼稚園の先生の後ろ姿は悲鳴嶋に似ている。

 

定食屋さんの夫婦は小芭内と甘露寺そのもの。夫婦として転生できて良かった。

 

そして場面が変わって、カナタの弟、竈門炭彦は、炭次郎にそっくり。そして運動神経も抜群なところまで似ている。

 

更に寝坊しても、皆勤賞を狙っているところは、真面目な炭次郎とカナヲに似たのだろうか。

 

炭彦が登校する途中にも、輪廻転生と思われるシーンが多々あった。

 

桑島さんや、鱗滝さんにそっくりのおじいちゃん。テレビに映る、産屋敷。そして、顔は出てこないが鋼鎧塚自動車整備。すみ・きよ・なほに似た三人の女の子。お巡りさんは不死川兄弟似だ。仲良しそうに話していたのは義勇・錆兎・真菰に似た子供たちだ。

 

また、愈史郎はその後どうなったか不安だったが、画家として生きていてくれた。

 

しかも珠世しか描いていない。

 

何とも、珠世一筋の愈史郎は変わっていない。

 

しかし生きていてくれて良かった。生き残っているのは愈史郎だけなのだから、珠世だけでなく、鬼舞辻や今まで出会ってきた鬼や鬼殺隊のメンバーも描いて受け継いでいって欲しいなと思ってしまった。

 

 

話は戻り、急ぐ炭彦のところに、煉獄家の子孫と思われる、桃寿郎が現れる。

 

その桃寿郎も煉獄そのものだし、熱く炭彦に語りかけていたのも、そっくりだ。

 

そして二人も無事に学校に着き、竈門家の電話がなる。

 

その傍らには先祖代々、大切にされてきたのだろう、炭次郎のものと思われる日輪刀、耳飾り、そして鬼舞辻を倒した者たちの歴史に残るような写真が飾られてあった。

 

こうやって歴史は語り継がれていくのだろう。

 

輪廻転生と言う言葉がテーマとして描かれていると、なんだか現実にもこんなことがあるんだろうなと、改めて考えさせられた。

 

こうやって今、幸せに暮らしている自分があるのは、先祖があるから。そしてその先祖たちがどんな試練を乗り越えて生きてきたか。

 

 

そのなかで、先祖たちもそれぞれ想いを持ちながら未来に託していく為に懸命にそれを乗り越えてきたのだろう。

 

私たちも、受け継ぐ者として自覚を持ち、今を大切に生きていかなくてはと思った。

 

そして鬼滅の刃は今の子供たちにも人気の作品なので、作者の想いが子供たちにも伝わり、大切なものがずっと続くといいなと感じた

鬼滅の刃の最新話のまとめ

現代のシーンへと移り変わり、生き残った人は子孫を残し、死んでしまった人は転生となり、今を生きていた。

 

そこには本当に今現代のようだった。

 

この穏やかな日々が続きますようにと願いたくなってしまう最終回になった。

RELATED POST