鬼滅の刃 最新話

鬼滅の刃最新話『204話』5月11日公開確定のネタバレと結末|炭次郎とその仲間のその後について

2020年5月11日のジャンプに公開された鬼滅の刃の204話の最新話は週刊少年ジャンプで配信されています。

今回の鬼滅の刃204話の見所はこの4つになります。

  • 炭次郎のその後。
  • 同期の仲間たちのその後。
  • 鬼殺隊の仲間のその後。
  • お世話になった人々のその後。
  • そしてその人々の想いとは。

それではこれから鬼滅の刃の最新話|204話のあらすじとネタバレをご紹介していきます。

 

鬼滅の刃の最新話『203話』のあらすじについて

鬼舞辻を倒してから3ヶ月後。

 

桜が満開の季節になった。

 

炭次郎、伊之助、善逸、禰豆子は蝶屋敷でまだ治療を受けていた。

 

長かった戦いの日々が終わり、鬼がいない世界になった。

 

だけど、引き換えにたくさんのものを失っていた。それでも生き残ったものたちは受け止め、生きていくしかない。

 

蝶屋敷で治療を受けていた炭次郎の一度失った左手は手の姿はあるが、年寄りのようにシワだらけになってしまい、感覚もなくなってしまった。

 

左目も、同様に鬼舞辻との戦いで失明してしまっていた。

 

炭次郎は、自分よりもみんなを心配していた。

 

しかし、禰豆子は気落ちしている炭次郎に喝を入れる。

 

そして、炭次郎が人間に戻れて良かったと改めてホッとしていた。

 

 

回復後、愈史郎との話で、しのぶが作った薬が残っていたことと、噛んでしまった相手が禰豆子だったから良かったのだと話したと言う。

 

なぜなら、禰豆子は一度鬼になったために抗体があり、鬼舞辻の細胞に対して免疫ができていたからだと言う。

 

しのぶが作った薬と、禰豆子、どちらかが欠けていたら炭次郎は人間には戻れなかっただろう。と言われ、よく頑張ったなと言う言葉に嬉し涙を浮かべていた。

 

炭次郎も愈史郎に感謝の気持ちを伝えるが、それ以降、愈史郎は姿を見せていないと言う。

 

そして、産屋敷では最後の柱合会議が行われていた。

 

産屋敷耀哉の替わりに現、親方の耀利哉が一同を代表し、最後の挨拶に深々と頭を下げ感謝の意を示した。

 

それを見て、生き残った柱の不死川と富岡も感謝の意を示すと、耀利哉は重圧から開放されたかのように涙するのだった。

 

 

そして炭次郎の元には、宇随天元やその3人の妻、煉獄杏寿郎の父、弟や、刀鍛冶の村の人たち、隠の人々が続々とお見舞いに来てくれていた。

 

伊之助も、今までに感じたことのない些細な幸せを実感していた。

 

カナヲはと言うと、片目を失ったが元気に回復し、蛇柱の鏑丸を不死川から預かっていた。

 

また、不死川は禰豆子に会い気まずそうにするが、禰豆子の優しさに触れ、弟の玄弥に姿を重ね合わせ今までにない優しい一面を見せるのであった。

 

そして炭次郎と禰豆子は富岡、鱗滝と再会し、みんな今までにない一面を見せるのであった。

 

その後、炭次郎、禰豆子、伊之助、善逸でお墓参りに行き、炭次郎の生まれ育った家に帰り、これからようやく幸せが訪れようとしていた。

 

そして、時は流れ時代は現代へと変わっていくのだった。

鬼滅の刃の最新話『204話』のネタバレと結末!

鬼舞辻を倒してから3ヶ月後、春が訪れていた。

 

桜が咲き散る些細な日常を炭次郎と禰豆子は幸せそうに眺めていた。炭次郎は自分や仲間たちの傷を見るたびに悲しくなっていたが、今度は禰豆子が元気づける。炭次郎は愈史郎と話したことを思い出していた。

 

 

愈史郎が言うにはしのぶが作った薬があったこと、鬼舞辻に対して抗体を持った禰豆子だったから無事だったこと、炭次郎が鬼としての素質があったこと、色んなことを話したと言い、愈史郎が帰り際によく頑張ったなと言ってくれたことを改めて嬉しく思っていた。

 

しかしそれ以降、愈史郎の姿を見てないと心配していた。

 

一方、富岡や不死川は産屋敷で最後の柱合会議に参加していた。最後の柱合会議には産屋敷耀利哉が親方として、生き残った2人に産屋敷一同の感謝の意を示していた。

 

頭を下げる耀利哉に対し、2人は自分たちが居られるのも、産屋敷あってのこと。

 

と伝えると耀利哉は今までの重圧から解放されたかのように涙する。

 

そして、炭次郎の元に宇随やその3人の妻、煉獄杏寿郎の父と弟、刀鍛冶の村の人々や隠の人々が見舞いに訪れていた。

 

伊之助は病室を抜け出し、盗み食いしに行くがアオイに見つかり怒られてしまうが、自分だけのご飯が用意されていることに幸せそうな笑みを浮かべる。

 

そして、炭次郎は退院する前にカナヲのもとに訪れ、自分が傷つけてしまったことを心配するが、カナヲは気にもしておらず、変わらない優しい笑顔を見せてくれるのだった。

 

禰豆子は、不死川に出くわし、挨拶をすると気まずそうにする不死川にとびっきりの笑顔をして見せる。

 

そんな姿に弟である玄弥の姿を重ね合わせ、今までに見せたことのない笑顔を見せるのであった。

 

 

鱗滝や富岡にも会い、炭次郎と禰豆子は家族に再会したかのようにとても喜んだ。

 

 

そして退院の日、炭次郎、禰豆子、伊之助、善逸は4人でお墓参りをし、竈門家に向かう。

 

 

到着すると家族を埋めた場所には出迎えるかのように綺麗な花が咲いていた。

 

炭次郎・禰豆子は複雑な気持ちで手を合わせる。

 

そして幸せの時間を噛み締めるかのように大切な仲間と共にすごすのだった。そして、時は流れ、時代は現代へと変わっていくのだった。

鬼滅の刃の最新話『204話』を読んだ感想

鬼滅の最新話の感想

炭次郎の背負ったものの重さ。

 

鬼舞辻を倒してから3ヶ月。

 

失ったものも多く、心の傷もそう簡単には癒えないだろう。

 

 

優しい炭次郎だからこそ、まわりのみんなを心配していたのだろう。

自分が生き残ることで、たくさん背負うものが出来てしまったのではないか。

 

しかし、炭次郎が思っているほど周りは気にしていなかった。

 

むしろ、みんな炭次郎に救われたからこそ、炭次郎を心配しお見舞いに来てくれたのではないか。とても幸せなんだなぁと感じる。

 

そして、カナヲと炭次郎のシーンはなんだか、ほっこりする。

 

見ていてお似合いなこの2人のその後が掲載が続くのであれば気になるところだ。また、各々での会話の内容もまた感動した。

 

 

愈史郎が初めて炭次郎を認めてくれていた。

 

その言葉に炭次郎は肩の荷が降りたかのように涙していた。

また、愈史郎も炭次郎の言葉に息を詰まらせていたが、何か感じることがあったのではないか。

 

産屋敷耀利哉もまた、富岡や不死川の言葉で背負っていたものから解放されたかのように涙していた。

 

その内容が人を敬い、尊敬し互いに心からの感謝を伝え合うシーンだったがようやくこの戦いが終わって、楽になれる、背負ってきたものがいかに大きいかを現していて、なんだか切ないような、成し遂げた感のような複雑な感じがした。

 

また、禰豆子と不死川も気まずそうにしていたが、禰豆子の言葉や優しさに救われるかのように弟、玄弥を重ね合わせ、今までにない優しさで禰豆子をいたわる不死川の顔は今までの不死川には想像も出来ない優しい顔になっていて、とても格好良かった。

 

胸打たれた。

 

初めから鬼のいない世界だったら、不死川もこんなに優しい人だったんだろう。

 

鬼が人間の性格をも変えてしまっていたんだと考えさせられた。

 

このように各々の会話から、みんなが互いに認め合うことで、自分のやってきたことが正しかったんだという気持ちにさせられるし、周りもそれを認めてくれていたのかと、感じることが出来ると思う。

 

感謝を伝えるのは大切だと言うことを思い知らされる。

 

今まで戦ってきた仲間たちのその後が、心から幸せそうな笑顔ばかりで、読んでいるこちらまでジーンときてしまった。

 

本当に終わったんだなと改めて感じた。

 

そして、炭次郎と禰豆子が自分たちの家に大切な仲間を連れて帰ってきたところに、お帰りと出迎えるかのように、家族が埋まっていたところに花が咲いていたシーンもなんだかじんわりきてしまった。

 

生まれ育った家に、昔の家族はいないが、新しい家族と新しい時代を生きていく、しかしみんなそれぞれの想いがあるんだろうなと感じる。

 

その想いがずっと大切に続きますようにと願いたくなってしまった。

鬼滅の刃の最新話の次の205話の展開とあらすじ予想

生き残った人々の想いを知ることが出来た。

 

改めて戦いが終わって、みんながそれぞれの道を行くところで終わり、時代は流れ現代…となっていたことから何百年と時がたっているとすると、やはり子孫の話が出てくるのが有力ではないかと思う。

 

炭次郎とカナヲがいい感じだったし、伊之助とアオイもなんだかお似合いだった。

 

そして善逸と禰豆子も?

 

それぞれが最後に会話したシーン、例えば炭次郎とカナヲだとしたら、必勝と名付けてある桜の木の下で二人の子孫が同じように桜を眺めるシーンが出てくるとか、伊之助とアオイのつまみ食いのシーンが子孫バージョンだったりとか。

 

そういったことが描かれているのではないかと思う。

また、唯一の鬼の生き残りの愈史郎はずっと生きているはずだから、現代でも愈史郎そのままで、しかし誰にも鬼としてバレることなく鬼のいた時代の物語を語り続けてくれるのではないか。

鬼滅の刃の最新話のまとめ

鬼滅の刃がついに完結かと思われましたが・・・・

まさかの現代へという終わり方に。

実は、鬼滅の刃の現代版が続くのか!

鬼滅ファンとしては終わって欲しくないのが、来週の次号に期待です。

RELATED POST