鬼滅の刃 最新話

4月6日公開|鬼滅の刃『201話』のあらすじとネタバレ確定速報!炭治郎がまさかの鬼化

2020年4月6日に公開された鬼滅の刃の201話のは週刊少年ジャンプで配信されています。

今回の鬼滅の刃201話の見所はこの3つになります。

  • 想いの強さを知った無惨、その想いさえも利用し鬼殺隊を滅ぼそうとする執念
  • 優しい炭治郎のまさかの鬼化にショック。無慈悲な太陽克服と強さ。
  • 義勇・伊之助の苦渋の決断。大好きな炭治郎を殺さなければならない葛藤。

それではこれから鬼滅の刃の201話の確定版のあらすじとネタバレ!

3月30日公開|鬼滅の刃『200話』あらすじとネタバレ・感想!人間に戻った禰豆子と死を告げた炭次郎2020年3月30日に公開された鬼滅の刃の200話は週刊少年ジャンプで配信されています。 今回の鬼滅の刃200話の見所はこの5つに...

鬼滅の刃の201話のあらすじと確定版のネタバレ

消滅する無惨の出生時の回想から始まり、生への執着と産屋敷との言葉を思い返す無惨。

そして無惨は産屋敷の語る「受け継がれる想い」の強さを知ります。

 

死の間際、無惨は自分の「想い」を炭治郎に託し、炭治郎を最強の鬼の王にするべく、鬼化させて生き返らせます。

 

目覚めた炭治郎は、鬼の眼を持ち、涎を出しながらまさに鬼の形相で、近くにいた隠しに襲いかかります。

 

直ぐに異変に気付いたのは富岡義勇。

 

間一髪で防ぎますが、すっかり鬼に変化した炭治郎を何とか太陽の下に固定しようとします。

 

唖然とする隊士に、炭治郎を何とかしなければとさけびます。

義勇の声を聞いて駆けつけたのは伊之助。

 

義勇をかばいながら、炭治郎の攻撃をかわします。

 

柱稽古での炭治郎が話した「誰かが道を踏み外しそうになったら皆で止めような」とのやり取りを思い出し、自分が炭治郎を止めなければと刀を構えるが、炭治郎の優しい顔が頭をよぎり、迫りくる炭治郎を斬ることが出来ませんでした・・・

 

鬼滅の刃の201話のネタバレ

消滅する無惨の出生時の回想で、胎児の頃から何度も心臓が止まり死産で生まれた無惨は、火葬の寸前に息を吹き返すなど、つきまとう死の恐怖と生きる事への執着の根源が明かされます。

 

無惨は受け継がれる想いの強さ、想いこそが永遠で不滅だと知り、自分の消滅を受け入れる代わりに自分の想いを炭治郎に託し、炭治郎を鬼化させて生き返らせてしまします。

 

竈門炭治郎、お前は 陽の光をも克服し最強の鬼の王となるだろう

「私の夢を叶えてくれ 炭治郎 お前が」 呪いのような、想いを託し無惨は消滅しました。

 

目覚めた炭治郎は、瞳は鬼の眼、牙と鋭い爪を持ち、失った左腕はまた生えて鬼へと変わり果てた姿です。

 

近くにいた隠しに襲いかかりますが、直ぐに異変に気付いた富岡義勇が間一髪で防ぎます。

 

 

すっかり鬼に変化した炭治郎を何とか太陽の下に固定しようとする義勇。

 

陽光灼けにもがき苦しんだ炭治郎でしたが、まもなくその様子は収まり、義勇に一撃を与えます。

 

義勇の声を聞いて駆けつけたのは伊之助。

義勇をかばいながら、炭治郎の攻撃をかわします。

 

柱稽古での炭治郎とのやり取り

「俺たちは…兄弟みたいなものだから」

「誰かが道を外そうとしたら…」

「どんなに苦しくてもつらくても、正しい道を歩こう」

との言葉を思い出し、自分が炭治郎を止めなければと刀を構えます。

 

けど、炭治郎の優しい顔が頭をよぎり、斬ることが出来ません。

 

イノシシの目から溢れる涙。

鬼化した炭治郎の手は差し迫ってきます・・・・

鬼滅の刃の201話のを読んだ感想

炭治郎鬼化はまさかの展開でした。

 

前回で戦後処理から最終回になると思っていました。

 

また、これまでの戦いの中で柱の鬼化は考えたりもしたけど(特に頭をかじられていた蛇柱・伊黒)炭治郎を鬼にするとは思わなかったです。

 

そして、早々に太陽を克服した様子の炭治郎でしたが、無惨討伐は陽光灼けに持っていく為の足止め戦でしたので、太陽克服されたら絶望的です。

 

また、無惨の最期、産屋敷輝也の言葉を受け入れ、自分の信念を絶やさない為に己に取り込んだ無惨の執念深さにゾッとしました。

 

自分の死を受け入れ想いを次の世代に託す。

いや、間違ってはいないなですが、きっと天国で親方様は「ソコじゃなーい」と、絶叫していることでしょう。

 

そして、炭治郎を止める義勇ですね。

 

片腕を無くし、仲間を亡くし、炭治郎までも失ってしまう、心身共にボロボロです。

 

優しい炭治郎に人を殺させたくない兄弟子としての思いと、柱として、今この場で殺さなければ多くの被害をまねく危機感。

 

様々な思いを抱えているであろう義勇は強すぎる鬼炭治郎の攻撃に悲しく無力です。

同じように、伊之助。

 

炭治郎の言葉に斬ると決心するけど、優しい炭治郎の顔がよぎりきれませんでしたね。

 

 

炭治郎・伊之助・善逸のかまぼこ隊は、鬼との死闘やツライ修行を共にしたので、伊之助にとって、炭治郎は仲間であり兄弟であり、家族だったんですね。

 

刀を振ることなんて出来ないですよね。

いつでもブレずに猪突猛進の伊之助が動けないのです。

切なすぎます。

鬼滅の刃の4月14日公開予定の202話のあらすじと展開予想

満身創痍の鬼滅隊に鬼化した炭治郎はあまりにも無慈悲展開ですよね。

無惨の力を引き継いだ炭治郎は、太陽克服のほかに、首を切っても死なない、四肢の複製や超回復などの能力を受け継いでいる可能性も高いと考えられます。

 

このピンチを乗り越えることが出来るのは禰豆子だと思います。

 

人間化した禰豆子ですので、鬼の能力を持ったままかどうかは定かではないのですが、炭治郎・禰豆子は対のイラストで描かれている事が多かったので、炭治郎を救えるのはきっと禰豆子の力だと思います。

 

また、ここで一部が終了し第二幕へ移行する可能性も考えられますね。

負傷したカナヲや実弥、死に際な描写のオバ&ミツも実は助かっていて参戦して、みんなで炭治郎を救う戦いを期待しています。

鬼滅の刃の201話の口コミと評判

本当にまさかの展開。

誰も鬼退治をしていた主人公が鬼になるとは思いませんよね。

本当にその通りだと思う・・・・

本当になんで?ってなりますよね。

鬼滅の刃の201話のまとめ

前回、柱達と主役の炭治郎の死で、最終回間近かのように思えた鬼滅。

今回は優しく真っ直ぐな炭治郎のまさかの鬼化です。

義勇も伊之助も炭治郎が鬼になってしまった失望感と大好きな炭治郎を殺さなきゃいけない苦しい決断が描かれていて、とても切なく涙なしでは見られません。

RELATED POST